「物語思考」とはどういうものか

  • 本サイト内で紹介しているプログラムは、太古から人類が語り継いできた神話・物語に描かれる世界、そこで人々が直面する葛藤とその克服、社会や共同体を構築し継続させてきた智慧や教訓に学び、それらを私たち自身の「語り」と繋げて活用していこう、との考えに立っています。神話や物語が与えてくれる知的資産は膨大ですが、その知恵に肖ろうとする発想を、ここではひっくるめて「物語思考」と呼んでいます。

    依田真門

    「物語思考」のメリットをまとめるなら、人が未だ出会ったことのない世界に入っていく為の智慧と勇気を与えてくれるもの、と言うことができます。いま目の前にある事態に対処したり、明日のチャレンジを充実させたり、これからの人生を切り開いていく上で、人間や組織が備えることが出来る強力な武器と言いうるものです。

    「英雄の旅」のモデルは、その代表例です。神話学者であるジョセフ・キャンベルは、世界中にある英雄神話や物語に共通のパターン、すなわち「旅立ち」→「試練との出会い」→「重要な学習」→「大きな勝利」→「帰還」 – を見出し、この構造の中に人間が試練に打ち勝ち、大きく成長していく上での沢山のヒントを見出しました。

    仕事でも人生でも“お先真っ暗”となる事態は起きうるし、そこでは誰もが苦しみを味わう訳ですが、「物語思考」ではその事態を「英雄の旅」モデルの「試練」へと置き換えてNEXTを考える材料にしていきます。「試練」が与えてくれる“学習”に焦点を当てた、新しい「物語」を考えるのです。「物語思考」は聖者賢人たちの知恵を支えに、私たちの思考を開くものであることを、感じて頂けるでしょうか。

    人の意識は過去から未来へと続く線上にあり、その意味で私たちは、恒常的に“物語的”な世界に生きている動物です。組織で働く人を、機能・役割中心でとらえてきたモデルが限界にきて、今システムにおける人の役割の再構築が迫られています。このような時代に「物語思考」の観点は、多くの組織・個人に重要な示唆と多大な力を授けるものだと、私たちは考えています。