人が主役の組織をつくる

  • VUCAと言われる時代に入り、一筋縄で対処できない課題が増えました。組織の経験や情報、知恵とアイデアを繋げ合い、新たな見立てで既成の方法を更新していかなければ、あっという間に退去を迫られるような時代に入ってきました。縦割りやルールに縛られすぎた組織では、事態に対処できないだけでなく、未来とつながる機会を逸してしまう可能性が益々高まっています。

    依田真門

    人が主役にならなければ、この状況を乗り越えていくことはできないでしょう。会社が描いたストーリーに縛られすぎず、既成の道筋に囚われすぎない注意が必要です。そうではなく、働くひとり一人のストーリーを浮かび上がらせ、ストーリーとストーリーを繋げて、うねりを作っていく中で、組織の、そして職場の新たな潮流を作っていくことが大切になっています。

    人を主役にするために、今日の組織には「他者(仲間・同僚)への関心を高めること」が、求められています。職場の仲間とは、従来とは異なるモードで関わること、より“人間的な”関わりを強めていくことが必要になっています。 別の表現をするならば、今まで見せてこなかった自分を公開する能力が、働く人々に求められるようになってきた、と言うことが出来ます。

    ストーリーを繋げ、新たな潮流を起こし、働くひとり一人が主役になるには、魂の交流を起こす「場」が必要です。こうした「場」は、リーダーの理解、働く者同士の認め合い、そして「場」をつくるスタッフの多少のスキルで、起こしていくことが可能です。 手続きとしてはシンプルですが、人々が抱く組織概念、職業概念を打ち破っていくという難行が、どんな組織でも伴います。

    私たちはそれをやっていこうという組織を、本気で応援する準備が出来ています。変革を目指す皆さん、是非ご一緒に、新しい時代を切り開きましょう。