1

リーダーの語り力

リーダーの発信力は、ストーリーの支えを得ることで大幅に強化されます。

「売り上げを増やせ」「効率を考えろ」「納期を遅らせるな」…
管理的な仕事をしていれば、こんなメッセージを部下に発した覚えがあるかもしれません。しかし、これを聞いた部下の行動が変わるかと言えば、甚だ疑問です。これらのメッセージが人を動機づける要素は何もないからです。

こうしたメッセージは、人を動かす力が無いばかりか、発信者のリーダーシップを損なわせるものです。人の行動を変えたいと思うならば、そこに動力となる=魂とでも呼ぶべき“何か”が必要です。その“何か“のないメッセージを何回発信しても、状況を変えることはできません。残念ながら今日、多くの組織で魂のないメッセージが大量に行き交っています。

この研修では、ストーリーでメッセージに魂を吹き込む、その方法をお伝えします。重要になるのは、素材となるストーリーの質です。よく出来たストーリーが準備されていれば、メッセージは強化されやすくなります。普段からの素材準備、とりわけ自分自身のストーリーの質が力の源泉です。

1日の研修は受講者自身のストーリーテリングから始まります。そこで語った内容からエッセンスを取り出し、その上で伝えたいメッセージにそれを装填して「魂を込める」方法を学んで頂きます。コースでの学びはそこまでですが、この方法を学ぶと次からは、巷にあるストーリーを材料にして、人を動かすメッセージを工夫できるようになります。

「あのストーリーを使って、これを伝えよう」研修の終了時には、翌日自身が発するメッセージの編集プロセスが、頭の中で動き出します。リーダーが発信するメッセージの力は、こうした準備プロセスの質と比例して強化されるのです。

スティーブ・ジョブズ

Connecting the dots.
将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできない。できるのは、後からつなぎ合わせることだけだ。(Steve Jobs)

I.リーダーの語り力

1.研修仕様 ■対面型:7.5Hr x 1日
■人数:8名〜24名
オンライン(Zoomによる)での対応可
■講義、個人ワーク、グループ対話を取り混ぜて進行するワークショップ形式
2.概 要 1)講義と個人ワーク、グループ対話を取り交ぜながら進むワークショップ形式です。

2)コンテンツ
  • 自己物語を引き出す
  • 伝わる形に再構築する
  • ストーリーでメッセージに魂を込める
  • 多様なストーリーでメッセージに血を通わせる
3.対象者 現場リーダーからトップマネジメントまで、メッセージで影響力を行使するニーズを持つ方々
4.カリキュラム

■AM

  • オリエンテーション、目的と到達目標
  • 何故いまストーリーなのか
  • ストーリーテリング
  • 伝わるストーリーに編集する

■PM

  • 自己語り
  • ストーリーで伝える
  • メッセージに魂を込める
  • ケース紹介(3つのケース紹介)
  • 演習(2つの演習)
  • 収穫の整理
 *提示の内容は一実施例です。お客様の条件に応じ、最適化を行います。